失読症&吃音克服と向き合った当事者のリアル話

小さい頃から失読症や吃音で、恥ずかしい気持ちになったりしたこともあるし、憂鬱な気持ちになった事もありました。

自分の中では、正面から向き合ってきましたが、周囲の人達には何となくとなく、ごまかしながらここまで来ました。

でも、この動画では、かなり赤裸々に語っています。

これは、1つの実例ではありますが、この動画を通じて、同じような境遇の人やその家族が勇気や希望、そして夢を持っていただきたいです。

その願いを込めて、編集せずにそのままのノーカットバージョンでお届けします。

───

【用語解説】
失読症・難読症・ディスクレシア・識字障害とは:知的能力及び一般的な理解能力などに特に異常がないにもかかわらず、文字の読み書き学習に著しい困難を抱える障害。

吃音とは:言葉が円滑に話せない。発語時に「ぼ、ぼ、ぼ、ぼく」など、言葉が連続して発せられたり、瞬間あるいは一時的に無音状態が続く(間が極端に長いなど)。

───

札幌発祥 健康体操 あへあほ®インストラクター養成者 募集 

2019年に向けて、後、10名は、あへあほ体操のインストラクターが必要だと思っています。そして、あらゆるジャンルの方々が集まってくれたら、もっと楽しい事が起きる気がしています。

Processed with MOLDIV

介護業界、フィットネス業界、医療業界、IT業界、他にも様々な業界の知恵が入り混じって面白い事をやって行きたいです。

ようせい

興味ある方はコチラに連絡下さい

↓ ↓ ↓

AHプロジェクト

失読症(ディスクレシア)から読書好きに!当事者が語る変化の過程

失読症で悩んでる人は、意外と身近にいるかもしれません。
ウィキペディアによると失読症は学習障害の中で最も多い障害で、世界の人口の3〜7%ほどに見られるとのことです。

特に当事者・関係者である小学生や中学生、そのご家族などにはこの動画を通じて少しでも勇気と希望を抱いていただきたいという思いで撮影しました。
そして多くの方に、こういう個性があることを知っていただけたら嬉しいです。

人には、得意と苦手があります。
お互いが切磋琢磨し合える世の中に少しでも近づけますように。。

正直に話したつもりです。

 

───

【用語解説】

失読症・難読症・ディスクレシア・識字障害とは:知的能力及び一般的な理解能力などに特に異常がないにもかかわらず、文字の読み書き学習に著しい困難を抱える障害。

しっぽエクササイズで姿勢改善!動物的感覚を呼び起せ!

本来、人間は動物。

『しっぽ』だってあります!尾骨という小さなしっぽがあるんです。
そこに意識を集中させて、動かそうとするんです!!『しっぽ』の存在を知ると、立ち姿勢が良くなり、歩き方も、みるみる変わっていきます!

スポーツ選手も、モデルさんも、姿勢を改善したい貴方も!是非、しっぽを感じて!!

普段、インストラクターや生徒さんに伝えている内容について、お話ししています

↓ ↓ ↓

ランナー必見!マラソン専門トレーナーが教える「もも上げ」のコツとは?

北海道札幌にあるマラソン専門ジムに伺い代表トレーナーさんに、ランナー向けのトレーニングを聞いてみました。
そこで、ランナーの基本中の基本…
「もも上げ」のコツを教えて頂きました。
とっても簡単な「もも上げ」方法わ分かりやく解説!!
ランナーの皆さま、是非、実践して下さい!
↓↓↓↓↓↓