『えがない えほん』(早川書房)に嫉妬した

本屋さんで偶然見つけた絵本。

『えがない えほん』(早川書房)

えがない えほん1

嫉妬するぐらい素敵な作品でした。

この本には、ルールがあって、声に出して読まないとだめらしい。

失読症の僕には、ちょっとハードルが高いが、本屋さんでこっそり小声で読んでみた。

すると、意味不明な言葉過ぎて読めたんです。

失読症って、人それぞれだと思うけど、読んでも意味を理解できないストレスって大きいと思うんです。

でも、この本は、もともと意味不明なんです(笑)

えがない えほん3

でも、そこが素敵なんです。

意味が大切なんじゃないんです!

平和で、なんか楽しい感覚が大切なんです!!

実際、我が家の4人の子ども達にも読み聞かせたら大爆笑です。

ゲラゲラです。

そこに、ストーリーとか、理解とか、為になるとか、そんな次元じゃないんです。 そんな、うすっぺらい価値観じゃないんです。

 

「ぶー」とか「ブリブリ」とか「おしり」とか、そんなんです。

そこが素敵なんです。

そこを共有するんです。

「教育に悪い!」とか、そんなこと言っている前に、笑っている子ども達を見て欲しい。

毎日、無表情でお勉強している事の方が、教育に良くない!

って僕は思うんです。

えがない えほん2

子ども以上に、大人も「ぶりぶり~」とか、大声で言えばいいんです。

そんな世界は、僕は最高だと思うんです。

いつもカッコつけてる大人なんて、楽しそうでないし、そんな気取った大人を見てワクワクなんてしてこない。

だから、この作品を読んで、感動したんです。

この本は、はっきり言って、意味のない言葉ばっかりです。

そこを共有できたら、世界はもっと良くなる。

社会情勢とか、政治とか、戦争とか、テロとか、

解決策は僕の頭では分からないんだけど、

『ぶりぶり~』になんか答えがあると思っているんです。

動画をご覧ください ↓ ↓ ↓

 

たまらず、出版した早川書房に電話したんです。

そしたら、担当編集者さんとお話し出来ました。

僕の想いを伝えて、この動画の配信の許可も頂けました。

電話でのやり取りでしたが、素敵な編集者さんでした。

この本のファンになりましたが、

『あへあほ体操』の創始者として、ちょっと嫉妬しているんです。

 

騙されたと思って、子ども達に呼んであげて下さい。

 

そして、世界を大爆笑させましょう^^

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

『えがない えほん』(早川書房)

 


北海道から世界へ ↓ ↓ ↓

あへあほ体操本部(AHプロジェクト)

真っ直ぐ過ぎて笑ってしまった。。大切な友達を紹介します。

笑ってしまうぐらい真っ直ぐな僕の友達を紹介します。

彼の事が知らない人も、曲が好きでない人も、生き方は共感してもらえると思うんです。

hanao

「太陽のような音楽をやりたい!」って太陽族を作って上京して、20代前半でこんな感じになりました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

メジャーから外れても、バンドメンバーが離れても、とにかくとにかく歌い続けていました。

バンドは、現在は活動休止中だけど、ひとりでも魂込めて、歌い続けています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕的には、今の花男の歌詞が最高にカッコよくて好き。

「恥をかいた数は、戦った数だ。ずっこけた数は進もうとした数だ。」(花男)

そして、僕が笑いながら、胸が熱くなった動画がこれです。

お祭りのカラオケ大会で全力で歌う花男。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

地元のおじさん達に審査されるプロのミュージシャン。

歌い方は、いつもの魂込めて歌う花男そのまま。

本当に、最高!!

こういう生き方が最高だと僕は思っているんです。

 

出来れば、今の花男の曲をたくさん聞いてほしい。

こんな友達がいるから、僕は頑張れる。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

花男オフィシャルサイト

 

 

 

肉体改造でパフォーマンスを上げる ~自分を変えるウエイトトレーニング~

肉体改造って、アスリートやモデルさんだけのものではないんです。

作家の村上春樹さんは、「肉体が変われば文体が変わる」と言っています。

どんなジャンルでも、パフォーマンスを上げたい人は、肉体改造にチャレンジして欲しい。

肉体改造は、あらゆる分野の可能性を引き出してくれます。

今、YouTube番組「マジかる」の企画で肉体改造編が行われています。

マジかるYouTube

最近、ラスベガスのステージに立ったバルーンアーティスト・風船の魔法使い エリサさんが肉体改造に取り組んでいます。

エリサA

ウエイトトレーニングなど肉体改造とはまったく無縁の世界を走ってきたエリサさんだからこそ、色んな気づきがありますし、筋肉以外にもたくさんの刺激を受けているんだと思います。

筋トレ②

 

例えば・・・

限界だと思ってからの、あと一回の重要性。。

筋トレ①

これは、エリサさんがこれまで、バルーンアート業界をリードしてきた歩みの中でやってきたこと。

それを肉体によって再認識しているんだと思います。

そして、その能力、その感覚を肉体と共に成長させています。

肉体改造の良い所は、普段、意識しないカラダ(筋肉・関節・骨)と向き合えること。

 

さらに、肉体改造をする上で大切なことは

トレーニングで「意識」を繰り返すこと。

そうすれば、そのうち鍛えた箇所を脳はダイレクトに「認識」することができます。

僕は、それを専門的にマッスルスマート(筋肉・神経の促進)と呼んでいますが、「認識」さえすれば、その箇所は「無意識」に働くようになります。それが、日常生活も含めて、あらゆるパフォーマンスの向上につながります。

肉体改造は、「意識」→「認識」→「無意識」の繰り返しなんです。

これを繰り返せば、肉体は変わって、村上春樹さんが言うように文体だって変わるし、エリサさんのステージパフォーマンスだって変わるんです。

そう考えると、肉体改造は、どんな活動をされていてもプラスになると思うんです。

 

 

昨日、エリサさんと収録でお会いして、その時に腕立て伏せをみせて頂きました。

一ヶ月前は、一回も出来なかった腕立て伏せが・・・

5回も出来るようになりました!

一ヶ月で何が起こったのか。

奇跡が起こった訳ではなく、プロのトレーナーさんの力をかりながら、ターゲットの筋肉に信号を送りまくったのです。

そして、ようやく、腕立て伏せをするために必要な筋肉(大胸筋、上腕三頭筋、三角筋、体幹など)が脳から届いた信号を認識して、力が発揮されたんです。

これが、肉体の進化!!

肉体の進化=その人そのものの進化

なんです。

 

肉体改造編 その①↓↓

肉体改造②

肉体改造③

肉体改造④

肉体改造⑤

肉体改造⑥

医療、介護、ITの垣根を越えてロボットで新時代を

2017年の夏に、ソフトバンク社の人型ロボットを使ったロボアプリ「あへあほ体操 for Pepper」が完成しました。

Pepper誕生

このPepperは、あへあほ体操の基本から、膝・肩・腰・全身運動の初級・中級合わせて9種類の運動が指導できます。

Pepper機能

高齢者デイサービスで、実証実験もやりました。

 

エビデンス③

三カ月の間、週に1~2回、15分実践したところ、歩行能力、バランス感覚、呼吸機能の数値が上がりました。

エビデンス

感動しました!

たくさんの笑顔が生まれました。

エビデンス①

Pepperは、もう立派なロボットインストラクターです。

しかし、一方で不完全なところもあるのも事実。

自力で移動できませんし、自らスイッチを押して運動を始める事すら出来ません。

だから、人間の力が必要なんです。

aheahoPepper_16

人型ロボットの可能性と、人間のサポートを掛け合わせて、工夫しながら、世の中に必要なサービスを作っていきたいんです。

 

正直、まだまだ、ビジネスとしては苦しい状況です。。

とあるビジネスのプロのような方にも、

「これ、ビジネスになると思うの?」って言われました。

 

今は、トライ&エラーを繰り返している最中です。

こうすれば、ビジネスがまわるとは今、言えないんです。

もちろん仮説を立てて、トライ&エラーをしています。

はっきり言って、エラーばかり。。

でも、ユーザー(特に高齢者)を笑顔にすることに成功しているんです!

今現在、契約率0%だけど、笑顔率は100%なんです。

僕が、本当に幸せにしたいエンドユーザーには届いているんです。

だから、僕は諦めません。

よくよく考えたら、あへあほ体操が出来てすぐ(2007年)も、こんな感じだったと思うんです。

ネーミングの奇抜さから、主催者の評判は悪かったけど、生徒さんには、最初から届いていたんです。喜ばれていたんです。

「これでやっていくの?」って11年前も言われていた気がするんです。

 

僕は、IT系でも、エンジニアでもないですが、開発会社と一緒にプロジェクトを進めています。

プログラム言語もなんも分からないんだけど、もっと良くするために、改修作業も一緒にやっています。

ウェルネス①

 

医療、介護、ITなど、あらゆる職種の垣根を越えて、お互いの得意分野を活かして、ロボットの価値や役割を何倍にもしたいんです。

IMG_1151

 

人間とロボットの共存で、大人も、子どもも、高齢者も、車いすの人も、みんなが笑顔になる世界を作りたいんです。

キャラバン⑤

その中に「あへあほ体操」が、少しでも関われたら最高だと思っています。

ロボットをハブとして新しい価値やサービスを一緒に創っていきましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ロボット事業プレゼン

 

北海道札幌発エクササイズを活用したロボット事業のプレゼンの一部です

ブログ①

みなさん、こんにちは。

あへあほ体操の、しものまさひろです。

今日は、ありがとうございます。

まずは、あへあほ体操をご紹介します。是非、一緒にやってみて下さい。

あへあほから

あへあほ体操とは、お腹の運動です。

「あ~へ~あ~ほ~」という言葉を覚えて頂き、「へ」と「ほ」でお腹を凹ませます。

「あ」は、ただ「あ~」というだけ。大切なのは、「へ」と「ほ」でお腹を凹ませること。

一緒に行きます。

せ~の 「あ~へ~あ~ほ~あ~へ~あ~ほ~….

ブログ②

OKです。ありがとうございます。

ウエスト引き締め・腰痛対策・足腰強化になります。。

僕は、これを2007年から、ずっとやっています。

最初は、もちろん一人です。

でも、やり続けてみたら、喜んでくれる方が増えて行きました。

特に高齢者が、笑いながら真剣にやってくれました。

P1030182

「あ~へ~あ~ほ~」って、大きな声で言うと、心が前向きになるって言ってくれました。

膝の痛い方も、車いすの方も、誰でも出来る運動です。

僕は、嬉しくて、嬉しくて、10年間続けてきました。

2007 2017

今は、インストラクターが38名。 教室は90クラスを超えました。

 

教室は、今も増え続けていますが、まだまだ教室に来たくても来れない方が大勢いるのも事実です。

その課題解決のために...考えたのがテクノロジーと組むこと。

『あへあほロボットプロジェクト』

インストラクターロボットを開発して、世の中を隅々まで元気にしていきます!!

そして、インストラクターロボットの第一弾として開発したのが、ソフトバンク社の人型ロボット Pepperを活用したロボットアプリ...《あへあほ体操 for Pepper》 です。

ARP

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ロボットで新時代を