失読症(ディスクレシア)から読書好きに!当事者が語る変化の過程

失読症で悩んでる人は、意外と身近にいるかもしれません。
ウィキペディアによると失読症は学習障害の中で最も多い障害で、世界の人口の3〜7%ほどに見られるとのことです。

特に当事者・関係者である小学生や中学生、そのご家族などにはこの動画を通じて少しでも勇気と希望を抱いていただきたいという思いで撮影しました。
そして多くの方に、こういう個性があることを知っていただけたら嬉しいです。

人には、得意と苦手があります。
お互いが切磋琢磨し合える世の中に少しでも近づけますように。。

正直に話したつもりです。

 

───

【用語解説】

失読症・難読症・ディスクレシア・識字障害とは:知的能力及び一般的な理解能力などに特に異常がないにもかかわらず、文字の読み書き学習に著しい困難を抱える障害。