「マジ×かる」をはじめた経緯とこれから

改めて、「マジ×かる」をはじめた訳をお話します。

バルーンアート界のカリスマ 風船の魔法使い エリサさんと今年のはじめにスタートしました。

エリサさんとは、何度か、講演やプレゼンなどステージ上でご一緒したり、社長塾の同期だったり、同じ時期に北海道メディアでガンガン取り上げられたりもあって、お互い近くもなく遠くもない距離感で交流していました。

ここ数年は、年に一回会うか電話するぐらいでした。

お互い情報交換をとるぐらいの余裕もなかったのも少しあります。

それぞれ語りつくせない様々な出来事がありまして・・・(笑)

 

ちょうど、今年の2月にエリサさんがラスベガスから帰国した時に、札幌駅でお茶しました。

その時に、話して、お互いやり始めようと思っていることが同じでした。

それは、「動画」

その瞬間に一緒に〈動画を〉やっていくことを決め、「マジ×かる」ってタイトルもその場で決めました。

マジ×かるのチームを少数で作り、翌日からLINEグループで会議し、2~3日後には撮影に入りました。

気が付けば、100本を超える動画を配信して、さらには、オフラインで、イベントも開催しました。

再生回数こそ、まだまだなんですが、この1年弱で得た事はデカいです。

何がデカいかというと、色んなことを高速で試し、高速で失敗した事。

そして、なんだかんだで、当初、目標にしていた100回配信を超えた事。

しかも、楽しみながら。

 

ただ、この活動が、あまりにも「あへあほ体操」からかけ離れたように見えたらしく、認定インストラクターから「大丈夫ですか?」と心配の電話も頂きました。。

この選択が正しいかどうかは、正直、分かりません。

勝算があるかと言ったら、まだ分かりません。

 

頭で考えているぐらいなら、やってから何かを感じたいんです。

それも、あへあほっぽいと、勝手に思っています。

2020年には、通信規格が4G から5Gに変わり、通信速度が超高速になるのは確実なんです。「動画」が10倍ほど身近になる時代は目の前なんです。

あへあほ体操として、教室展開やインストラクター養成やロボット事業は、もちろんやっていますし、これからもっと加速させます。

 

僕の想いとして、時代がドンドン変わっていく中で、似たような思考、似たような常識にだけは、しばられたくないんです。

いちいち確認して、承認を待つ、という組織の形態はいらないと思っています。

もっともっと挑戦をいっぱいして、5Gばりに、高速で挑戦して、高速で失敗して、高速で成長したいんです。

「マジ×かる」も、また新しいこと始めます。

クレイジーな解剖学講義を動画でしちゃいます。

 

それでは、引き続きよろしくお願い致します。

 

只今、絶賛準備中です。

 

最後に、いつも言ってるんですが、

僕の変わらない夢は・・・

笑われても、

怒られても、

冷やかされても、

お金が底をつきても、

27才からずっと変わらない夢

あへあほ体操を世界共通のウンドーにする。

地球人みんなで「あ~へ~あ~ほ~」^^

です。