リズムで覚える骨の働き 解剖学総論 骨格系①

【骨の働き】
①支持作用:頭や内臓など、身体全体の支柱となっています。
②保護作用:重要な器官を囲み保護する。頭蓋腔、胸腔、脊柱管、骨盤腔など、大切な臓器などを保護しています。
③運動作用:付着している筋肉の収縮によって、(骨が)テコとして動き、身体の移動や運動が出来る。
④造血作用:骨内の骨髄のうち、(赤色骨髄において)赤血球、白血球、血小板が絶えず産生。
⑤電解質の貯蔵作用:骨質は無機質。大量のカルシウムを含み、カルシウムの貯蔵庫になっている。全身のカルシウムの99.9%は骨に含まれる。

特に覚えてもらいたいのは….
「支持、保護、運動〜♪ 造血、貯蔵〜🎵」

 

───────────────

新しいスタイルの解剖学講座がスタートしました。
解剖学マニア・しもっち先生が、豊富な知識を熱意とオリジナリティあふれる解釈で包み込み、あなたの脳にインプット!!
今までにない切り口で解剖学を語ります。

◾️こんな人達が見てくれたら嬉しい!

(1)看護師/鍼灸師/理学療法士/作業療法士/医師
などの医療従事者やその関連の学生さん。

(2)ヨガ/ピラティス/エアロビクス/
など運動指導をしているインストラクターやトレーナーさんやその学生さん。

(3)リハビリ/フィットネス/肉体改造/ダイエット/
などに励んでいる全ての挑戦者さん。

(4)体の機能にまつわる歴史や知識など、解剖学を楽しく学びたい方。

───────────────

キャスト:しもっち先生、ほねっち
動画制作:マジ×かる実行委員会