新解剖学 第8筋 腕枕で麻痺することも!?腕撓骨筋をリスペクト

前腕前面の親指側にある筋肉、腕撓骨筋(わんとうこつきん)。
肘を曲げるのにも役立つ筋肉でありながら、前腕の回外・回内の両方の機能を持つ働き者の筋肉なんです。
たまに頑張りすぎると、腕がパンパンになることも。

腕橈骨筋を支配している神経は橈骨神経。
この神経は腕枕をし過ぎてしまうと麻痺してしまう事があるんです。
これを橈骨神経麻痺と言うのですが、ラブラブな新婚旅行で起きやすいことから「ハネムーン症候群」呼ばれたりすることも。
名前は少しロマンチックですが…みなさんどうぞ気をつけてくださいね!

───────────────

新しいスタイルの解剖学講座がスタートしました。
解剖学マニア・しもっち先生が、豊富な知識を熱意とオリジナリティあふれる解釈で包み込み、あなたの脳にインプット!!
今までにない切り口で解剖学を語ります。

◾️こんな人達が見てくれたら嬉しい!

(1)看護師/鍼灸師/理学療法士/作業療法士/医師
などの医療従事者やその関連の学生さん。

(2)ヨガ/ピラティス/エアロビクス/
など運動指導をしているインストラクターやトレーナーさんやその学生さん。

(3)リハビリ/フィットネス/肉体改造/ダイエット/
などに励んでいる全ての挑戦者さん。

(4)体の機能にまつわる歴史や知識など、解剖学を楽しく学びたい方。

───────────────

キャスト:しもっち先生、ほねっち
動画制作:マジ×かる実行委員会
BGM: DOVA-SYNDROME