新解剖学 第10筋 重力に負けず姿勢を維持!ヒラメ筋をリスペクト

ヒラメ筋(ひらめきん、Soleus muscle)は、ふくらはぎにある筋肉の一つ。
幅が広くて平坦な形をしていて、魚のヒラメに似ているので、この名前がつけられました。

ヒラメ筋は腓骨と脛骨という膝下の骨についていて、赤みがあり持久力のある立派な筋肉です。
アキレス腱付近から腓腹筋の停止腱と結合し、アキレス腱として踵に着きます。
ヒラメは最終的にアキレスになるのです!

さらにヒラメ筋は抗重力筋と呼ばれる筋肉のひとつで、重力に負けないように姿勢維持をしている大切な場所。
宇宙飛行士が無重力空間で過ごしたとき、機能低下が進む筋肉のひとつがここなんです。

膝を伸ばしたときも曲げたときも下腿を支え、底屈運動にも関わる重要な役割を持っているヒラメ筋。

動画の中ではヒラメにまつわるクイズも出したので、お楽しみください♪

───────────────

新しいスタイルの解剖学講座がスタートしました。
解剖学マニア・しもっち先生が、豊富な知識を熱意とオリジナリティあふれる解釈で包み込み、あなたの脳にインプット!!
今までにない切り口で解剖学を語ります。

◾️こんな人達が見てくれたら嬉しい!

(1)看護師/鍼灸師/理学療法士/作業療法士/医師
などの医療従事者やその関連の学生さん。

(2)ヨガ/ピラティス/エアロビクス/
など運動指導をしているインストラクターやトレーナーさんやその学生さん。

(3)リハビリ/フィットネス/肉体改造/ダイエット/
などに励んでいる全ての挑戦者さん。

(4)体の機能にまつわる歴史や知識など、解剖学を楽しく学びたい方。

───────────────

キャスト:しもっち先生、ほねっち
動画制作:マジ×かる実行委員会
BGM: DOVA-SYNDROME