新解剖学 第13筋 アゴを動かす力持ち!咀嚼筋をリスペクト

食べ物の咀嚼を行う筋肉、咀嚼筋(そしゃくきん)。
下あごにある下顎骨(かがくこつ)を引き上げて、上下の歯をかみ合わせる役割を持っています。

咀嚼筋は4種類の筋肉が合体した名前!
咬筋(こうきん)・側頭筋(そくとうきん)・内側翼突筋(ないそくよくとつきん)・外側翼突筋(がいそくよくとつきん)が組み合わさっています。

咬筋は奥歯で食いしばるとモコっとしてくる場所。
同じく、食いしばると側頭筋も動きます。
内側翼突筋と外側翼突筋は深層筋なので、外側からはわかりにくいです。

4つの作用については動画の中でご覧くださいね♪

───────────────

新しいスタイルの解剖学講座がスタートしました。
解剖学マニア・しもっち先生が、豊富な知識を熱意とオリジナリティあふれる解釈で包み込み、あなたの脳にインプット!!
今までにない切り口で解剖学を語ります。

◾️こんな人達が見てくれたら嬉しい!

(1)看護師/鍼灸師/理学療法士/作業療法士/医師
などの医療従事者やその関連の学生さん。

(2)ヨガ/ピラティス/エアロビクス/
など運動指導をしているインストラクターやトレーナーさんやその学生さん。

(3)リハビリ/フィットネス/肉体改造/ダイエット/
などに励んでいる全ての挑戦者さん。

(4)体の機能にまつわる歴史や知識など、解剖学を楽しく学びたい方。

───────────────

キャスト:しもっち先生、ほねっち
動画制作:マジ×かる実行委員会
BGM: DOVA-SYNDROME