新解剖学 第20筋 繰り返す捻挫はここを鍛えると吉!腓骨筋をリスペクト

下腿の筋肉の外側にある筋肉、腓骨筋(ひこつきん)。
細長~い筋肉ですよ。

腓骨筋には、長腓骨筋(ちょうひこつきん)と短腓骨筋(たんひこつきん)があります。
長腓骨筋は腓骨頭および腓骨の外側面の上部2/3から、外踝(がいか)・外くるぶしの周りを通り、第5中足骨にくっついています。
短腓骨筋は、腓骨の外側面から起こり第5中足骨に停止します。

腓骨筋の代表的な役割は、足関節の外反。
外反の動きについては動画で見てみてくださいね。
あとは、底屈を補助する筋肉でもあります。

足首をグキッとさせる捻挫を「内反捻挫」と言います。
過去に足関節の内反捻挫を繰り返している方は捻挫を繰り返す恐れがあるので、予防として外反の動きを鍛えるんです。
ここでも腓骨筋が活躍!

───────────────

新しいスタイルの解剖学講座がスタートしました。
解剖学マニア・しもっち先生が、豊富な知識を熱意とオリジナリティあふれる解釈で包み込み、あなたの脳にインプット!!
今までにない切り口で解剖学を語ります。

◾️こんな人達が見てくれたら嬉しい!

(1)看護師/鍼灸師/理学療法士/作業療法士/柔道整復師/医師
などの医療従事者やその関連の学生さん。

(2)ヨガ/ピラティス/エアロビクス/
など運動指導をしているインストラクターやトレーナーさんやその学生さん。

(3)リハビリ/フィットネス/肉体改造/ダイエット/
などに励んでいる全ての挑戦者さん。

(4)体の機能にまつわる歴史や知識など、解剖学を楽しく学びたい方。

───────────────

キャスト:しもっち先生、ほねっち
動画制作:マジ×かる実行委員会
BGM: DOVA-SYNDROME