新解剖学 第26筋 壁ドンに必要な筋肉!前鋸筋をリスペクト

肩甲骨を動かすインナーマッスルのひとつ、前鋸筋(ぜんきょきん)。
幅の広い筋肉で、あらゆる方向から肩甲骨をコントロールしています。

字にある「鋸=のこぎり」のとおり、のこぎりみたいにギザギザした形なんですよ。

前鋸筋の主な働きは肩甲骨の安定です。
前鋸筋が働いてくれるからこそ肩甲骨がその場にいられるんです。

例えば腕立て伏せの姿勢。前鋸筋が働かないとどうなるかは…動画を見てみてくださいね。
砲丸投げのように肩甲骨を前に押し出すとき、バスケットでシュートする動作のとき…
そして壁ドンをするときにも前鋸筋が活躍してるんですよ!


───────────────

新しいスタイルの解剖学講座がスタートしました。
解剖学マニア・しもっち先生が、豊富な知識を熱意とオリジナリティあふれる解釈で包み込み、あなたの脳にインプット!!
今までにない切り口で解剖学を語ります。

◾️こんな人達が見てくれたら嬉しい!

(1)看護師/鍼灸師/理学療法士/作業療法士/医師
などの医療従事者やその関連の学生さん。

(2)ヨガ/ピラティス/エアロビクス/
など運動指導をしているインストラクターやトレーナーさんやその学生さん。

(3)リハビリ/フィットネス/肉体改造/ダイエット/
などに励んでいる全ての挑戦者さん。

(4)体の機能にまつわる歴史や知識など、解剖学を楽しく学びたい方。

───────────────

キャスト:しもっち先生、ほねっち
動画制作:マジ×かる実行委員会
BGM: DOVA-SYNDROME