カテゴリー別アーカイブ: あへあほ体操の夢

「マジ×かる」をはじめた経緯とこれから

改めて、「マジ×かる」をはじめた訳をお話します。

バルーンアート界のカリスマ 風船の魔法使い エリサさんと今年のはじめにスタートしました。

エリサさんとは、何度か、講演やプレゼンなどステージ上でご一緒したり、社長塾の同期だったり、同じ時期に北海道メディアでガンガン取り上げられたりもあって、お互い近くもなく遠くもない距離感で交流していました。

ここ数年は、年に一回会うか電話するぐらいでした。

お互い情報交換をとるぐらいの余裕もなかったのも少しあります。

それぞれ語りつくせない様々な出来事がありまして・・・(笑)

 

ちょうど、今年の2月にエリサさんがラスベガスから帰国した時に、札幌駅でお茶しました。

その時に、話して、お互いやり始めようと思っていることが同じでした。

それは、「動画」

その瞬間に一緒に〈動画を〉やっていくことを決め、「マジ×かる」ってタイトルもその場で決めました。

マジ×かるのチームを少数で作り、翌日からLINEグループで会議し、2~3日後には撮影に入りました。

気が付けば、100本を超える動画を配信して、さらには、オフラインで、イベントも開催しました。

再生回数こそ、まだまだなんですが、この1年弱で得た事はデカいです。

何がデカいかというと、色んなことを高速で試し、高速で失敗した事。

そして、なんだかんだで、当初、目標にしていた100回配信を超えた事。

しかも、楽しみながら。

 

ただ、この活動が、あまりにも「あへあほ体操」からかけ離れたように見えたらしく、認定インストラクターから「大丈夫ですか?」と心配の電話も頂きました。。

この選択が正しいかどうかは、正直、分かりません。

勝算があるかと言ったら、まだ分かりません。

 

頭で考えているぐらいなら、やってから何かを感じたいんです。

それも、あへあほっぽいと、勝手に思っています。

2020年には、通信規格が4G から5Gに変わり、通信速度が超高速になるのは確実なんです。「動画」が10倍ほど身近になる時代は目の前なんです。

あへあほ体操として、教室展開やインストラクター養成やロボット事業は、もちろんやっていますし、これからもっと加速させます。

 

僕の想いとして、時代がドンドン変わっていく中で、似たような思考、似たような常識にだけは、しばられたくないんです。

いちいち確認して、承認を待つ、という組織の形態はいらないと思っています。

もっともっと挑戦をいっぱいして、5Gばりに、高速で挑戦して、高速で失敗して、高速で成長したいんです。

「マジ×かる」も、また新しいこと始めます。

クレイジーな解剖学講義を動画でしちゃいます。

 

それでは、引き続きよろしくお願い致します。

 

只今、絶賛準備中です。

 

最後に、いつも言ってるんですが、

僕の変わらない夢は・・・

笑われても、

怒られても、

冷やかされても、

お金が底をつきても、

27才からずっと変わらない夢

あへあほ体操を世界共通のウンドーにする。

地球人みんなで「あ~へ~あ~ほ~」^^

です。

 

元自衛官が考案した札幌発あへあほ体操の誕生秘話

2007年に北海道札幌のとある施設で、いきなり「あ~へ~あ~ほ~」と言い始めたんです。

同業者も、生徒さんも、関係者も、みんなビックリしていました。

ビックリしてなかったのは、家族と友達ぐらい。

あへあほ体操が生まれたエピソードまでしゃべっています。

陸上自衛隊のころ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【元自衛官が考案した札幌発あへあほ体操の誕生秘話 】

現在、認定インストラクター39名、教室95クラスを展開している札幌発の健康体操。
「あ〜へ〜あ〜ほ〜」と繰り返し発声しながら「へ」と「ほ」で、お腹を凹ませる斬新な腹筋運動をベースに独自の理論で、体系化した『あへあほ体操』。
インパクトのある言葉の裏側に隠された想いやストーリーを、創始者しものまさひろ自らが語ります。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

札幌で初開催 アート・フルマラソン について

マジかるラン

この大会は、僕が言い出しっぺです。
(北海道弁?)

関東で活動しているマラソンイベントの主宰や地元アーティストさん、マジ×かるのメンバー、あへあほのメンバー。そして、札幌市。。

色々な人達を巻き込んでいます。

もうすぐ1ヶ月前になりますが、やるべき事が山ほどあります。

人が集まるのか、雨が降らないか、うまく行くのか、考えれば考えるほど、ビビっています。膝がガクガク震えます(^^;;

主催は、僕ではないけど、大きな責任があると実感しています。

この大会のコンセプトは、「アート」と「マラソン」のコラボ。アーティストがランナーを応援!!ランナーは、走りながらアートを感じる。

徐々に形になってきています。

アート①

みんな、ありがとう!!

アート⑥

 

色々なアーティスト団体とのタイアップもあります。

一部、ご紹介します。

 

 

【まちスポ恵み野さん】

リサイクルフラッグを制作中!

市民の皆さんが不要になったTシャツなどから、新しい可能性をつくる。

アート②

 

 

 

【円山ジュニアスクール PAL さん】

夢の花畑制作中!

一人ひとりのかけがえのない「個性」。これを集めると凄い花畑が出来る。

アート⑤

 

 

【アトリエ ココロさん】

夢の詰まったカイトを制作中!

未来を担う小学生たちが、自分の想いを色に持たせ大空に夢を飛ばす。

アート③

 

 

今回のマラソン大会のコンセプトは、アートとマラソンの融合‼️

別に僕がアートに詳しい訳でもなく、ただ、やりたかった。

 

見切り発車的な所もあったけど、色んな角度から賛同者が集まっています。

今までにない、マラソン大会を 札幌のモエレ沼公園から創りたい。

アート⑦

 

本番は、2018年10月7日(日)

まだまだ、ランナーの参加が足りないです。

7キロコースを制限時間なく、アートを楽しみながら、歩いたり、走ったりできる 〈オープン7キロの部〉っていうのもあります。

数人の仲間を集めてリレー形式でフルマラソンを走り切ることも出来ます。もちろん、一人でも!

とにかく、とにかく、楽しくて、心が温まるマラソン大会にしたいと思っています。

10月7日 モエレ沼公園で会いましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

エントリ―はコチラから

自分の可能性に蓋をしない 大人もチャレンジ

今年から硬式野球を始めた小5の長男。

ゆめ

バスケットを始めた小3の次男。

ゆうきa

 

新しい環境に身を置く事。

新しいことにチャレンジする事。

この子たちの日々の努力をみていると・・・

「大人は、なんて口だけなんだ!」って思う。

何回、エラーしても、空振りしても、

ボール取られても、シュート外しても、

トライしないと・・って思った僕は、

雑誌のインタビューじゃなくて

しものインタビュー

 

講演会じゃなくて、

講演1

 

 

あへあほマンになってみた ^^

コラボショー

魔法使いのエリサさんとのコラボステージ☆彡

これも、僕の中では、新しい環境であり、チャレンジなんです。

あへあほマン

~ みんなのカラダを守るため、あへあほ星からやってきた あへあほマン より ~

 

 

 

 

 

 

札幌発エクササイズ 『あへあほ体操と多動力』

あへあほ体操講座をやって

関東③

 

ロボットの件で開発会社とやりとりした後に

エビデンス③

38人目のインストラクターを養成
明日は、IoTのエンジニアさんと試作のチェック。

プロジェクトAI

 

そして、YouTuberを真面目に目指してる。

マジかるYouTube

バラバラにみえるけど全て繋がってるんです。
迷走なんてしてないもん(笑)

 

あへあほ体操を世界へ

せかい