カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ドローイントレーニングで腰痛が治って、健康体操の講師になった。

全国に教室を約100クラスを展開している「あへあほ体操」の創始者しものまさひろ です!

僕の原点である「ドローイン」について話をしています。

僕は、高校を卒業してすぐに陸上自衛隊に入隊しました。

そこで持続走訓練隊という走る専門部隊で強化選手として毎日、夢を持ってトレーニングをしていました。

しかし、度重なる腰痛に苦しみ、結局は、23才で競技を引退して、自衛隊も除隊。

その後、腰痛を治す為、必死に勉強して、気がついたら、独自の健康体操を指導する講師になっていました。

「ドローインに出会って、人生変わった!」というのは、誇張でもなく、まぎれもない事実です!!

↓↓↓

この動画を通じて、少しでも腰痛に悩む方々のお役に立てたら嬉しいです!

〈参考動画〉クリックしたら動画に飛びます

2分で簡単腹筋トレーニングあへあほ体操でインナーマッスルを鍛えよう

ギックリ腰を早く回復させる3ステップ!【腰痛持ち必見】あへあほ運動療法

【腰が良くなるクビレ方】ウエスト引き締める腰痛体操

人工知能(AI)等のコンピュータと人間の組み合わせの介護予防・ヘルスケア

メディアアーティストの落合陽一さんが、これからは「コンピュータとの”文化交流”が必要」と言っていたのが印象的でした。

コンピュータが単なる道具として考えるのではなく、異文化の同志として相互理解を深めていく事が大切なんじゃないかと感じています。

エビデンス①

「人工知能(A I)が自分達の職業を奪う」っていう後ろ向きな考えはしたくない。

人の良いところと、人工知能の良いところを組み合わせながら、エキサイティングな時代を楽しみたい。

ろぼ

 

スマホで健康管理はじめませんか?グッピーヘルスケア

13万ダウンロードを突破している健康管理アプリ《グッピーヘルスケア》より….
あへあほ体操の動画コンテンツが公開となりました。

グッピーB

グッピーA

ダイエット、運動不足、生活習慣の改善などに役立ちます。シンプルな操作で、毎日続けられますよ〜(^^)

★アプリダウンロードはこちら★
↓ ↓ ↓

iOS(iPhone)
Android

「X-Tech Innovation」(クロステックイノベーション) in北海道

【北海道*九州*沖縄 共同開催】

テクノロジーを活用した新しいサービスを創造するビジネスコンテスト「X-Tech Innovation」(クロステックイノベーション)。

大手企業とスタートアップ企業とのマッチング機会を目的としたビジネスコンテストで、一次選考、二次選考と通過し、現在、最終選考まで進んでいます。

スタートアップ企業として《あへあほロボットプロジェクト》のビジョンをしっかり伝えます!
スマホが普及したスピード感で、一家に一台ロボットがいる世の中がきっとくるはず。

今回のテーマは、IoE。
「全てのインターネット」という意味です。

北海道銀行(道銀総研)さんにもアドバイザーになって頂きながらプレゼン準備を進めているところです。

最終選考(ピッチバトル)が、1月30日(火)にあります。10日をきりました。

テレビなど報道関係者も集まり、
経営者・ビジネスマンなど、観覧者が200名いると聞いています。

今からワクワクしています。

クロステック②

クロステック①

応援の《いいね!》よろしくお願い致します

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あへあほロボットプロジェクト

キングコング西野『えんとつ町のプペル』

最近、とても気になる人・・・

お笑い芸人のキングコング西野さん。

僕が、まだ自衛隊で、ほふく前進していた時に、『はねるのとびら』っていう面白い深夜番組がやっていて、消灯後に、笑い声をころしながら観ていました。

自分と同世代の20歳そこそこの若者が、楽しいことやっていて、その時の自分の状況と比較し、うらやましい思いもありつつ、番組を観ていました。

月日が経ち、38歳になった僕が気になっているのは、テレビタレントの西野さんではなく、なんか色々やっている西野さんです。

最近は、ネットでよく炎上していますが・・・・

分業で制作した絵本『えんとつ町のプぺル』は素晴らしかった。

キングコング

賛否両論があるようだけど、ネットで作品を無料公開したり、あえて、著作をナアナアにしたり、とても素敵だと思いました。

『ディズニー倒す!』って、言っているけど本気だと思う。

頑張って~って思っています。

既存の何かが壊れる。

常識がひっくり返される。

そんな事が当たり前のように、次々に起こる時代に突入したことを

僕たちは、もっと感じないといけないんだと思います。

ところで・・・

あへあほ体操・関東支部の設立に向けて始動しています。

『あへあほ体操を世界へ』

プロトレーナー  しものまさひろとは?