人工知能(AI)等のコンピュータと人間の組み合わせの介護予防・ヘルスケア

メディアアーティストの落合陽一さんが、これからは「コンピュータとの”文化交流”が必要」と言っていたのが印象的でした。

コンピュータが単なる道具として考えるのではなく、異文化の同志として相互理解を深めていく事が大切なんじゃないかと感じています。

エビデンス①

「人工知能(A I)が自分達の職業を奪う」っていう後ろ向きな考えはしたくない。

人の良いところと、人工知能の良いところを組み合わせながら、エキサイティングな時代を楽しみたい。

ろぼ

 

小学生の体力向上事業の研究指定校で体幹トレーニング(北海道札幌市)

札幌市には、4校の『体力向上事業の研究指定校』があります。
今日は、その中の1校の小学校教員の皆さんと、体幹トレーニング「あへあほ体操」をしてきました。

是非、教育現場に、あへあほ体操を。

学校

全国の教員の皆さま!授業で、あへあほ体操やって下さい

許可など入りませんので

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

体幹軸を鍛えてオーラを出す方法 ~美しい歩き方への道⓶~

どの業界の人も「凄み」がある人物は、軸がしっかりしている。

その軸がしっかりすればするほどオーラが出てくる。

というのが僕の考え。

野球選手でいえばイチロー選手。

芸能界で言えば、安室奈美恵さん などでしょうか。

身体と心はつながっています。

身体の軸が深まれば、心の軸も深まります。

軸へのアプローチのコツは・・・

あえて 不安定な状態に身を置くこと。

不安定になればなるほど、軸を求めてくれます。

自ら、不安定な状態に身を置く勇気や習慣があって、

その積み重ねがオーラがみなぎる程の力強い軸が出来上がるのです。

 

具体的な方法はコチラ↓↓

 

こちらも一緒にご覧下さい

↓ ↓ ↓

クリック

インナー(深層筋)を鍛えて軸をつくる ~美しい歩き方への道⓵~

ミセスジャパン出場者のメイクコーチしのぶさんに美しい歩き方をレクチャー。

しのぶさんの悩みは、「インナー(深層筋)が足りなくて、ついつい反り腰になってしまう」という事でした。

僕が指導させて頂いたのは、〈歩き方〉ではなく、歩くために必要な筋肉(または感覚)に刺激(信号)を送るという事でした。

僕がインストラクターや生徒さん・雑誌等で伝えている〈意識⇒認識⇒無意識〉理論を解説しています。

Processed with MOLDIV

 

また、体の中心軸を作る具体的で簡単な方法も伝えています。

是非、ご覧下さい ↓↓↓↓

↓ ↓ ↓ ↓

続きはこちら